2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

★”Impressions”インプレッションズ” (J ・コルトレーン)Mitsuo Sato



★今回はジョン・コルトレーンがインパルス・レコードから1963年リリースの”インプレッションズ”を
 演奏しています(^_^.)”ジョン・コルトレーン”の このアルバム収録曲の大半は1961年11月3日に
 ニューヨーク、マンハッタンのヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ演奏が録音されたものです
★”Impressions"はマイルス・デイビス クインテット時代に演奏された”So What"を元に作られたといわれています
 (同じコード進行です)いわゆる「モード・ジャズ」といわれた時代の曲ですね(#^.^#) (私の動画は2014年のものですが・・)

★余談ですが、もう10年以上前の事になりますが、広島のイベントでJ・コルトレーンのグループのベーシストだった レジー・ワークマン、とロニー・マシューズ(Piano)チャーリー・パーシップ(Drums)のバンドとこちらのバンドと同じステージに上がる仕事があり、
 同じホテルに泊まったことがあったのですがホテルの部屋が近かったせいか、ベースを弓弾きする音が朝方聴こえてきて
 目が覚めました。仕事が終わって東京に帰って来た時 羽田空港で荷物の受け取り場所でまた レジー・ワークマンと会って”ジャイアントステップス”を僕はよく演奏していますよ、と言ったらレジーは「おおそうか(#^.^#)、あの曲は難しいからな」と笑っていたのを思い出しますが・・・(現在、広島、愛媛、高知、岡山、京都府、岐阜県などでの記録的豪雨が気になりますが(-_-;)被害が広がらない事を願っています。
スポンサーサイト
2018..06 ジャズ comment0 trackback0

★”Dance Odacer” ダンス・オデッサ



★Recado BossaNova(リカード・ボサノヴァ)のコード進行を元に 以前”Odacer Bossa Nova "(オデッサ・ボサノバ)を作りましたが、またその続編で
 今回 "Dance Odacer "(ダンス・オデッサ)を作ってみました(#^.^#) )

★” Recado ”とはブラジル(ポルトガル語)で、「たより、手紙、メッセージ」 等と日本語に訳されています。
 ” Odacer ”は私が、ただタイトルを逆にしただけなのですが しらべてみると ウクライナに”オデッサ”というところがあるらしい  です(文字の綴りは違う) (゜o゜) クロアチア語、ボスニア語、にも関係ありそうです(^_^.)・・
 そこで”ダンス・オデッサ”で検索するとそこの”ウクライナ美人のダンス”とかがYoutubeで出たりします・・えー!(゜o゜)
(^_^.)これが本当の”ダンス・オデッサ”だ・・なんて(^O^)

★”リカード・ボサノヴァ”は1959年ブラジルのDjalma Ferreiraが作曲、ポルトガル語の歌詞はLuiz Antônioが付けたもので
後に英語歌詞(Paul Francis Webster)が付けられ"The Gift "として 女性歌手 ”イーディ・ゴーメ”が歌い1963年発売その後、
1965年頃ジャズで取り上げられるようになり、大ヒットしました。

★”Youtube”に私の”演奏した”Recado BossaNova”(https://youtu.be/O4ODkdbR0oA)が出ていますが、どう変えたのか
違いを聴き比べてみても面白いかも、と思いますので是非聴いてみてください(#^.^#)

★この「コード進行」を元にメロディを作り変えるというのは、”家のリフォーム”に たとえることができると思います(#^.^#)
家の柱はそのまま使って外観と部屋の内装は違って見えるようにする、みたいな (^_^.)

★女性歌手”イーディ・ゴーメ”が歌った”The Gift "の英語歌詞の大まかな内容は
「・・・を絆ぎとめるもの(形としての結婚)・・は・・いらない・・ただ愛がほしいだけ・・金の指輪もいらない・・どんな物や贈り物よりも
・・私は分かっている・・・この先何があろうとも
・・・”愛”が、なによりも大切な最高の”贈り物”だということを・・・」 という様な意味の内容です ( ´ ▽ ` )
 
2018..06 ジャズ comment0 trackback0

★”Moment's Notice ”モーメンツ ノーティス” J ・コルトレーン



★今回はジョン・コルトレーンが1957年9月15日 唯一ブルー・ノート レーベルにて録音された1958年リリースの
名作アルバム ”ブルートレイン” の中から”モーメンツ・ノーティス”を演奏してみました(#^.^#)

”Blue Train”に収録されている曲は1、Blue Train、2、Moment's Notice、3、Locomotin、4、I'm Old Fashioned,
 5、Lazy Bird, 全5曲 この後、アトランティック・レコードから”Giant Steps”が1960年にリリースされます

★このアルバム” Blue Train ”からコルトレーンのコード進行が段々と複雑難解になって”ジャイアント・ステップス”
 で所謂 ”コルトレーン・チェンジ ”が完成しますが、モーメンツ・ノーティスはその少し前の時期で色々な進行を考えて
いたことが覗えます。 

★コルトレーンの”モーメンツ・ノーティス”での演奏も少しやりにくそうな感じをうけましたが最初の8小節が重要な箇所で
たぶん 最初の8小節
|Em7/A7| Fm7/B♭7| E♭▵ | A♭m7/D♭7 |Dm7/G7 | E♭m7/A♭7| D♭▵ |Dm7♭5/G7|
をこんな感じの”音使い”にしたかったのでは?と思って演奏してみました(#^.^#) 
2018..06 ジャズ comment0 trackback0

★”What's New ” ホワッツ ニュー” G ・ベンソン



★今回はヴァーヴ・レコード時代の ジョージ・ベンソンの名演のコピー譜動画をご紹介します。 1968年にリリースした
アルバム”Giblet Gravy”に収録されている、 ジョニー・バーク 作詞、 ボブ・ハガード作曲の”What's New”です
原曲はボブ・ハガードが1938年に作曲した ”アイ・ㇺ・フリー”に1939年にジョニー・バークが歌詞をつけて
”What's New”と曲名が改められました

★この時代のG・ベンソンが私はすごい好きです、ピアノがハービー・ハンコック、ロン・カーター(B)、ビリー・コブハム(Drs)で
同じく収録の”ビリーズ・バウンス”も最高ですね(^_^.)

★G・ベンソンの他ビル・エバンス、ジョン・コルトレーン、ヴォーカルではフランク・シナトラ、ヘレン・メリル、エラ・フィッツジェラルド
リンダ・ロンシュタット、などが歌っています。

★歌詞、内容は
”What's new
How is the world treating you
You haven't changed a bit
Handsome as ever I must admit”
★最近どう?
調子はいいかい?・・君はちっとも変わらないんだね・・どう見ても前と同じようにきれいだ。

”what's new
How did that romance come through
We haven't met since then
Gee but it's nice to see you again”
★最近はどう?・・あの恋はどうなったのかな?・・あれから僕たちは会ってないけど・・うん、でもまた会えて良かった・・

”What's new
Probably I'm boring you
But seeing you is grand
And you were sweet to offer your hand”
★最近どうしてる?・・おそらく、君は僕に退屈していたかも・・だけど、すごい元気そうだし・・僕に優しく手を差し延べてくれた

”I understand
Adieu
Pardon my asking what's new
Of course you couldn't know
I haven't changed, I still love you so”
★分かった・・じゃあね・・どうしてる?なんて声を掛けたのゴメンね・・僕は変わっていないんだ、・・
僕はまだ、こんなに君を想っている・・・

といった内容です(#^.^#)

2018..13 ジャズ comment0 trackback0

★”Nica's Dream” ニカ’ズ・ドリーム


★ 今回はハードバップの全盛期に”A・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ”の初期に在籍して”ファンキー・ジャズ”
を流行させたピアニスト、 ホレス・シルバー作曲の”Nica's Dream”を演奏してみました(#^.^#)
 (今回はエフェクター”コーラス”を使用しています(#^.^#)

★タイトル曲”Nica's Dream”の”ニカ” とは世界の2大財閥にロックフェラーと、ロスチャイルドが有りますが
 その一つ英国の財閥 ”ロスチャイルド一族”の 一員チャールズ・ロスチャイルドの娘 ”パノニカ・ロスチャイルド”のことで、
 銀行家、動物学者だった父は発見した新種の ”蝶々”の名前”Pannonica "を自分の娘に付けたといわれ、
 その後彼女は フランス人と結婚  
  ”Pannonica de Koenigswarter” になり、 あの”チャーリー・パーカー” や ”セロニアス・モンク”を看取った女性でもあった
 という事でも知られるジャズミュージシャンを経済的、精神的に 支えた女性”ニカ男爵婦人”のことなのです・・(゜o゜)
 モンク作曲”Pannonica”も彼女に捧げた曲として 良く知られています(^O^)

★色々なジャズミュージシャンが演奏しています、ホレス・シルバー、アート・ブレイキー、オスカー・ピーターソン、
 ハンク・ジョーンズ、ウエス・モンゴメリー、ケニー・バレル、カート・ローゼンウインケル、等
2018..05 ジャズ comment0 trackback0

★Are You Real ? "アー・ユー・リアル?” Benny Golson



★今回は1959年1月にリリースされた アート・ブレイキー&ザ ジャズメッセンジャーズの有名なアルバム”モーニン"の中に収録されている”アー・ユー・リアル?”を演奏してみました(#^.^#) 作曲は当時在籍メンバーのベニー・ゴルソン(T・Sax、作編曲)
(私の大好きな作曲家です(^_^.)”モーニン”は当時、日本でも大ヒットしたそうですがこのアー・ユー・リアル”とか良い曲が多く収録
されています。
★この曲は16小節+20小節の36小節でワンコーラスになっていて少し変わった感じがする曲になっていますが私の好きな曲
の1つですね(#^.^#)

★タイトルの”Are You Real” は日本語に訳すと"本当?”ねえ、本当?とか、今、現代だと”マジか?とか”おいマジかよ?”的な意味になる のかなと思います(^_^.)

★アート・ブレイキー&ザ ジャズメッセンジャーズの他、リー・モーガン、ベニー・ゴルソンのバンド、アート・ファーマー
など多くの管楽器のバンドが演奏しています
がジャズギタリストが演奏しているのは見たことがありませんので面白いかも?と思っています(#^.^#)


2018..04 ジャズ comment0 trackback0

★ I Remember Clifford ”アイ・リメンバー・クリフォード”



★今回は新春早々、急に先日惜しくも亡くなられた 日本野球界の "闘将”こと星野元監督に捧げるために
以前に録画したものですがこの曲をアップしました。

★私は北海道旭川市出身で小さい頃から「巨人、大鵬、卵焼き、」と言われた時代に育ったこともあり)、
特に中日、阪神、楽天ファンというわけではないのですが、”敵ながらアッパレである”ということで野球人として好きな方でしたね
年代的に近いこともあり、”明日は我が身”かもしれませんのでかなりショックを受けましたし、病状を
親友にも伏せていたそうなので、テレビを見て えぇっ!? (゜o゜)嘘でしょ?という感じでした。
★ご冥福をお祈りいたします 。” I Remember Mr.Hoshino”

(” I Remember Clifford "は私の大好きなバンド ”アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズ”のT.Sax、作、編曲者として在籍したベニー・ゴルソンの名曲で、二十代前半で突然、惜しくも交通事故で亡くなった友、天才トランぺッター、クリフォード・ブラウンに捧げるために作曲したものです)


2018..08 ジャズ comment0 trackback0

★Blue Bossa ”ブルー・ボッサ '14 ”



★今回はケニー・ドーハム(Trp)作曲の”ブルー・ボッサ”を演奏してみました(#^.^#)
 この曲はジョー・ヘンダーソン(Tsax)のデビュー・アルバム”Page One"に収録されています。 

★この演奏は2014年5月に録画したものですが、しばらくそのままになっていたものをYoutubeにアップ
 したものです。最近はフェンダーのシンライン’72 をあまり弾いていなので久しぶりに見たいと思い、
 出してみました(^_^.)

★Fender”テレキャスター・シンライン’72” は私の持っているギターの中でも一番ネックが握りやすく
、弾きやすいのですが
 各フレット間の幅が広い(ロング・スケール)のと、その分 弦の張りも少し強くなるので、年齢的にきつくなり
 最近はあまり使用していませんが(^_^.)使い易く、あまり気を使わなくても良い好きなギターです(^_^.)
2017..10 ジャズ comment0 trackback0

★Just One Of Those Things " (Cole Porter)ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス



★今回はジャズスタンダードから”Just One Of Those Things”ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス”を演奏してみました
(^_^.) 
「Just One of Those Things 」は、1935年のミュージカル” ジュビリー”のために”コール・ポーター”が作詞、作曲したものです

★チャーリー・パーカー、キャノンボール・アダレイ、アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ、フレディ・ハバード
 バド・パウエル、オスカー・ピーターソン、タル・ファーロー、 カート・ローゼンウィンケル、エラ・フィッツジェラルド、
 フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、ハービー・ハンコック、マイケル・ブレッカー
 等 色々なジャズメン が歌い、演奏しています(^_^.)

★この曲は早めのテンポで演奏されることが多く、とくにバド・パウエル、フレディ・ハバードの演奏は
 驚くほど速く、人間の限界と思われるテンポで演奏しています(メトロノーム最高速度か?)、
 私の演奏は♩=280くらいですが、音楽性があればいいわけで・・速ければいいってものじゃありません(^_^.) 
 昔から人間は「速いもの」に憧れがあり、 それに挑戦したいと考える「生き物」なんですね(^_^.)・・・

★歌詞の内容は 恋愛の始まりからその終焉までを表現。

「それは、ただのよくある事のひとつだったよ・・鳴り響く鐘のようにお互いに盛り上がり・・月に飛ぶような
 素晴らしい想い(トリップ)もしたよ・・よくある事さ・・冷静に考えると、熱くなり過ぎてクールダウンできなかった・・
 さよなら、またね・・とても楽しかったよ・・でも・・よくある事のひとつさ・・」 と、いうような内容です。

"Just One Of Those Things" (Cole Porter)


It was just one of those things
Just one of those crazy flings
One of those bells that now and then rings
Just one of those things

It was just one of those nights
Just one of those fabulous flights
A trip to the moon on gossamer wings
Just one of those things

If we'd thought a bit, of the end of it
When we started painting the town
We'd have been aware that our love affair
Was too hot, not to cool down

So goodbye, dear, and Amen
Here's hoping we meet now and then
I t was great fun
But it was just one of those things

2017..29 ジャズ comment0 trackback0

★ジャズギター”Odacer Bossa Nova "オデッサ・ボサノヴァ”



★今回はまたまた私の演奏で、ある曲のコード進行をもとに作った曲です(#^.^#)
タイトルで解るかもしれませんね。コードの流れはまったく同じなのでその曲を知っているかたは、あぁ、あれだ とすぐにわかると思います(^_^.)チャーリー・パーカーも有名なスタンダード曲のコード進行に違うメロディをつけて、オーニソロジー、ココ、
ホットハウス、などを作っています(^_^.) 昔も、今 問題になっている著作権の関係があってチャーリー・パーカーもそうした曲作りをしたのかも?・・それが良い方向に進んでパーカーのオリジナル曲を生んだのかもしれませんね(^_^.)

★現在、音楽教室でもレッスンで使用する曲に著作権料を支払う必要がある、などと訴訟問題
が起きているようですが(ー_ー)!!・・・
2017..10 ジャズ comment0 trackback0

★ジャズギター”Along Came Betty”アロング・ケイム・ベティ



★今回は私の大好きな”ベニー・ゴルソン”作曲の”Along Came Betty"を演奏してみました(#^.^#)
 このブログの2011年9月20日の記事に女性ジャズギタリストの”シェリル・ベイリー”が同じく
 Along Came Betty"を演奏した動画がありますので、よかったら見てください(^_^.)

★色々な人が演奏しています 古いところからではアート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ、リー・モーガン
 ケニー・ドーハム、ウディ・ショー、クインシー・ジョーンズ、ボビー・ハッチャーソン、シェリル・ベイリー、パット・マルティーノ、
 カート・ローゼンウィンケル、ジェシ・ヴァン・ルーラー、ジョエル・フラーム 、マーク・マーフィー、
 ジョン・ヘンドリックス(ヴォーカル)、

★ジョン・ヘンドリックス(ヴォーカリスト)が付けた歌詞を見つけました。「ATLA & MATT」というJAZZ VOCAL EDUCATION BLOG
 で アトラ(女性)とマット(男性)によるジャズヴォーカル教育ブログ
 https://atlaandmatt.com/.../along-came-betty  のなかで紹介してます。
★ヴォーカル入りの”アロング・ケイム・ベティ” ジョン・ヘンドリックス&アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズ
 がこちら→ https://youtu.be/2Q_6SXo_b1M

★Along Came Betty (ベティがやって来た)
 歌詞 
 ” Who is that?
 Where'd you find her at?
 Your hearin' every fella say,
 Betty walked his way.

 Who is she?
 Just how lovely can you be?
 It's not just any chick on the scene –
 To tell the truth the girl is really mean.

 Betty's all you need,
 She's nothin' classy
 Just is strictly built for speed,
 I had to turn her loose 'cause she's
 The only chick I know, slicker than me.
 There she goes
 Betty's movin' on – she's gone!
 What's left to say,
 Betty's walkin' away.

 Shout Chorus (First two A's on the head out):
 Such beauty, in motion,
 It's strollin', just like the ocean,
 that's Betty, she captures every single eye,

 And wiggle, like jello,
 So groovy, so fine and mellow,
 I wonder who'll be her next lucky guy?”
 「ATLA & MATT」より引用
 
 ★歌詞を簡単に大幅に中身を省略、勝手な解釈をした和訳です↓ (*^_^*)
  " あれは誰?どこで彼女を見つけたの?皆さんのご意見は、彼女は誰?・・
  まるで 海を散歩しているような 美しい動き、それがベティさ、
  独身男みんなの目を釘付けだよ・・ゼリーのような・・とても上品で穏やかな  
  彼女の 「次の幸運な男」は誰になるのかな?”・・というような内容です(^_^.)
  
2017..25 ジャズ comment0 trackback0

★ジャズギター”Straight No Chaser ”ストレート・ノー・チェイサー


★今回はジャズ(ピアノ)の巨人、セロニアス・モンクの作曲で有名なブルース・ナンバーから”Straight No Chaser"を
演奏してみました(#^.^#)

★キーはFです。同じブルースでもチャーリー・パーカーとセロニアス・モンクのブルースでは全然違いますね(^_^.)

★独特なテーマだけ聴くとブルースなの?これ?って思いますが、ブルースのコード進行に当てはめていくと
これがなんと、良くできているんですね(^_^.) それが”ジャズっぽいと”感じさせる”モンク”の「音の遊び方」かもしれません

★多くのジャズメンが演奏していて、マイルス・デイビス、リー・モーガン、クラーク・テリー、ジョシュア・レッドマン、
 キャノンボール・アダレイ、フィル・ウッズ、タル・ファーロゥ、ジョージ・ベンソン、チック・コリア 等 (#^.^#)
2017..25 ジャズ comment0 trackback0

プロフィール

sugarbag

Author:sugarbag
FC2ブログへようこそ!ロック&ジャズ・ギター歴 ウン十年
。マイ・ジャズ・ギター・ライフです。一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです (#^o^#)/・・・(埼玉県 在住)

[English Version]

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

ブログ内検索